JEWEL CHAIR

jewelchair.exblog.jp ブログトップ

90's後期 CM史

さていよいよ最終章。ラストスパートです。
1995年は何と言っても「恋は遠い日の花火ではない」。サントリーニューオールドのCMです。3パターンがあってどれもGREAT!!!音楽もよかった。あとはNOVAのサラリーマンのおかしな英語のCM。「That's right!」とか言うやつです。資生堂のスーパーハードのペンギンが登場し、ジョージアには飯島直子が登場しました。松下電器の「お帰りなさい神戸の灯り」もこの年でした。
96年はペプシマンが誕生し、芸能人は歯が命だのアパガードが話題になりました。
97年は当たり年でした。TBCの「ナオミよ」があったり、アコムのむじんくんがあったり、稲垣吾郎が富士フィルムでギンギラギンにさりげなかったり、あずさ2号だったりしました。
98年はセガの湯川専務が人気者になり、売り上げが伸びたとか伸びないとか。そしてWOWOWのCMもおもしろかった。裁判官がいい加減な判決を下すCMです。そしてスタッフサービスもこの頃からCM展開を始めていました。
[PR]
by k-o-king | 2005-11-02 14:48 | CM x PR =○○○!!!

伝説となるだろう JEWEL CHAIR のメンバーが綴る”奇跡の日々の軌跡”


by k-o-king
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30