JEWEL CHAIR

jewelchair.exblog.jp ブログトップ

道頓堀があったら飛び込みたい!

浦和レッズの選手のみなさん、ありがとう!おめでとう!
浦和レッズサポーターのみなさん、やりましたね!!!
「ウィナーとチャンピオンの違いを知っているか?」。はぁ?もうわかりません。ただ一番強いのは、俺たちの浦和レッズです!優勝ですから!優勝!
祝杯をぶち上げて、お花畑を歩いてます。お店のお酒、全部ちょうだい♪銀皿にちょうだい♪
でもテレビ見たさに帰ってきました。記憶があるうちに、、、

ロブソン・ポンテ。前半27分の彼のGOALがすべてを浦和に引き寄せました。ロビー、大好きよ♡ みっともないくらい喜んで、ガッツポーズも連発しちゃいました。あのゴールでもう泣きそうになりましたね。これで優勝するんだな、って。ついに優勝できるんだな、って。
ROBSON PONTE、ありがとう!
 オー、ロービー、ラーララーララー
 オー、ロービー、ラーララーララー
 オー、ロービー、ビッテ・ゴール
 オー、ビッテ・ゴール

シトンの得点王への2ゴールを加えて3−0。ギドが動きました。達也をまずは投入。サポーターのためだったんじゃないかと思います。そして坪井と、野人岡野!岡野の交代もきっとサポーターのためにギドが。もう暢久は動けなかったのに、ギドは代えませんでした。ありがとうギド。本当にありがとう。そして、暢久をカバーしてシトンと達也が守備に回るあたりは、もう、、、。
ロビーとアレはベンチでサンバ!そして、最高の瞬間はやってきました!

いろんな事が鮮やかすぎるほど鮮明に甦ってきて、・・・泣いちゃいましたね。ギドと暢久の声を聞いて、さらに泣いちゃいましたね。止まんなかったです。久しぶりに、涙が頬をつたっていきました。男泣きってやつ!? たくさんの人に見られなくてよかったぁ。

みなさん、最高ですか?僕の最高の夜はまだまだ続きます。
道頓堀があったら飛び込みたいです!うれしいが、止まりません!
a0042564_072493.jpg

[PR]
by k-o-king | 2006-12-03 00:23 | Are you Reds?

伝説となるだろう JEWEL CHAIR のメンバーが綴る”奇跡の日々の軌跡”


by k-o-king
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31