JEWEL CHAIR

jewelchair.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

NO 煙草, GO ドラッグ.

煙草は俺の生きざま。煙草は俺の死にざま。たばこが吸えなくてロックやってられるかぁ!?やってないけど。たばこが吸えなくてジョージコックスが履けるかぁ!?たばこが吸えなくてhideが聴けるかぁ!?
7月1日をもってタバコ増税。喫煙者の中にはこれを機に禁煙をはじめる人もいるらしい。がんばって!納得いかないのは、なぜタバコが増税なのか。国のお偉いさんたちがその理由をはっきり伝えずに煙に巻いているように思う。何と言ってこじつけるのかは想像できるけど。
我々喫煙者も、肩身が狭くなったとぼやくが、その前に我が身を振り返って、守るべきマナーは守らなくてはならない。現に、路上喫煙や吸い殻をポイ捨てをしているのは喫煙者でしかあり得ないのだから。これ以上スモーカーの権利が奪われないように。愛煙家と呼ばれるように。逆にたばこを吸わない人も、一概に喫煙者=悪のように煙たがらないでほしい。
この事件を受けて自らを律するために『タバコケース同盟』に加わってみた。歴代のLOVE煙草も列挙してみた。全国のモクちゃんにも改めて考えてほしい。煙草がなければ、麻薬に走るかもしれないのだ。
[PR]
by k-o-king | 2006-06-30 21:45

コカコーラ♡ vol.8

コカ・コーラとサッカーがコラボってるグッズを紹介します。にっちもさっちもどうにもワールドカップですからね。
とは言っても所有してるサッカー系コーラグッズはこの手袋だけです。しかも季節外れ。さらに子供用。....。そもそもいかなる秘密ルートで、この逸品が我がコレクションに加わったのかも未解決ミステリーなのです。サンタさんの落とし物だと信じることにしています。この歳で、純情少年♪
5、6月と『Coke Expo』に行くことができずじまいでしたが、我が家のコーラ要塞のミニExpoでしゅわしゅわしてる最近のコーク事情です。
a0042564_19214790.jpg

[PR]
by k-o-king | 2006-06-30 19:24 | Coca Cola Castle♡

おいしい珈琲をのんでおります。

“夜カフェ”が自的流行です。太陽が出しゃばって温度計がぐぅ〜んと背伸びをする今日この頃です。でもこの時期なら夜は涼しいのです。夜風に吹かれながら素敵に大人のコーヒータイム。時間つぶしじゃないカフェライフ。大きく振りかぶって、お勧めです。
我が街の駅前にはいろいろなカフェが軒を連ねております。頻繁に足を運び、顔を出し、舌鼓をポンポン打っているのが「caffe VELOCE」であります。『おいしい珈琲をいれております。』の看板がなんとも香り高いベローチェです。200円を握りしめていっつもカフェラテをオーダーです。そう、厳密には珈琲らしい珈琲は飲んでいないんですよ。
我が街が夜カフェに適するポイントは他にもあるんです。音大みたいなのがあってストリートミュージシャンがよくのど自慢をしていること。ちょい飲みオヤジはいるけど、べろんべろんな酔っぱらいがいないこと。
今夜の月はオレンジでシャープな三日月。月光に照らされて、おいしい夜を堪能しました。
[PR]
by k-o-king | 2006-06-29 23:14

WORLD CUP special #15

フランスだって強いのだ!"Le Bleus"が無敵艦隊スペインをドボォーンと沈めてベスト8へ!シャンパンサッカーの復活か!?
"SPARKLING"の源はやっぱり、ジネディーヌ・ジダン!ぴかぴか光るジダンが戻ってきました。味気ない攻撃陣に星3つを与える活躍。
これまでとは何かが違うサッカーを感じさせながら、リベリーの追撃弾。リベリーは仏国パフォーマンスドールとしては役不足かと見てましたがなかなかやるじゃない。そしてビエラの逆転弾。デカイ仕事人がデカイ仕事をやってくれました。頭でドォーン!歓喜に揺れるトリコロール。街角に溢れるイナバウアー。仏蘭西に帰る人でごった返すドーバー海峡。そしてついに、国民が待ちに待ったジダンのゴール!うっとり鮮やかすぎるZizou〜!3−1で見事に粉砕。伝説に続きができました。
スペインはいよいよ無敵の存在になりうる戦力と勢いがあっただけに、極めて派手でダサいガッツポーズを出せる勝利です。昇竜拳をしてしまいました。ほとばしる情熱の爆発です。
4強を懸けて闘うのは絶対王者ブラジル。くぅ〜、たまらん。
a0042564_12465485.jpg

[PR]
by k-o-king | 2006-06-28 12:48

2006年度TCC賞が来た。夏だもん。

一世風靡したビックリマンシールみたいなキラキラの広告批評。どす黒くも黒光り。「風とロック」の箭内さんらしい質感の表紙です。
今月号で夏の風物詩(?)、TCC(東京コピーライターズクラブ)賞の発表がありました。ナオミよ、のTBCではありません。グランプリはホットペッパーのCM。居酒屋クーポン♪ 弊ブログでも愛でた広告からは、元旦の資生堂「一瞬も一生も美しく」でライトパブリシティの国井美果さん、「人は、書くことと、消すことで、書いている。」のトンボ鉛筆が受賞しました。おめでとうございます。この他にも暴君ハバネロ、ライフカード、intel、ファンタなど思わずウンウンしてしまう作品が選ばれてました。
最高新人賞にはパラドックス・クリエイティブの方が名を連ねていました。ちょっとだけ縁があった企業さんなのでうれしく思います。でもさらなる喜びを噛み締めるためには自分で穫るべし。狩りのために今から牙を研いでおきます。鯛の尾頭付きも予約しておきます。ビール冷やしておきます。
[PR]
by k-o-king | 2006-06-27 23:39 | CM x PR =○○○!!!

WORLD CUP special #14

『OWEN+10』!!!オーウェンが離脱したイングランド。ベッカムがやってくれましたよ、Beckhamがぁ!黄金の右足から放たれたFKが決勝点。
アシュリー・コールが大ピンチを救い、エクアドルを下しベスト8。見たか、ヴィクトリア!見たか、ブルックリンよ、ロメオよ、クルーズよ!内容はともあれ順調です。「England make quarters」の見出しが飛び交いました。準々決勝の相手はフランシスコ・ザビエルとカステラで有名なポルトガル。クリスチャーノ・ロナウド(怪我)、フィーゴ、デコ(出場停止)、マニシェと中盤は豪華で一部刺激的。危険な奴らです。
イングランドで問題なのは得点力。見たい試合をまだ見せてくれてません。FWの"Three Lions"が得点しなければキツい。ルーニーの1トップで立ち向かえるでしょうか。エリクソン監督が魔法使いだとは思えないし、やはり黄金の中盤の奮起に期待するしかなさそうです。
a0042564_12591480.jpg

[PR]
by k-o-king | 2006-06-26 13:16

星くない夜空

星空に生き埋めにされたかったのです。銀河の星団に癒しを求めたのです。カレンダーをめくればすぐに七夕がやってくることに気付いたのです。号砲前のスタートなのです。思い立ったら吉日なのです。
ほっほほ〜い!と飛び乗った見切り発車の快速急行は、星空予報をお天気お姉さんに尋ねることをしませんでした。それで第一声が、「星くない」。霧ヶ峰な夜の空には衛星の赤いランプすら見えませんでした。お星様なんてもってのほか。しょんぼりでした。でも「星くない」って言葉はちょっとカワイイ。ちょっと収穫。
七夕も意外と晴れないもんですよね。星の王子様と星のお姫さまのロマンスを妬む者の怨念でしょうか。カレーの王子様の嫉妬でしょうか。
[PR]
by k-o-king | 2006-06-25 23:24

WORLD CUP special #13

フランス決勝トーナメント進出〜!ア〜ンリ〜!!!
6月23日はジダンの誕生日。34歳になります。当の本人はシエスタ。お休みです。トレゼゲがスタメンに入りトーゴ相手にビエラ、アンリのゴールで一蹴。ジダンの花道をちゃんと用意したわけです。「CISSE+10」の青き軍団はやるときはやってくれるんです。
地上波にてスイスー韓国を観戦。スイス親善大使でもないし銀行に口座も持ってないし、アルプスの少女ハイジもそんなに好きではないのですが、すっかりすっぽりスイスに肩入れしてしまいました。ヨロレイヒ〜♪
フランスの次のお相手はスペイン。・・・・・。でも好試合は必至。セーヌ川にマタドールの衣装がぷかぷかと浮かぶだろうさ。弾けろシャンパン!魅せろジズー!"Joyeux Anniversaire!"(誕生日おめでとう!)
[PR]
by k-o-king | 2006-06-24 06:35

WORLD CUP special #12

中田英寿が泣いた日。中田英寿が涙を流した試合。いつかワールドカップを振り返ったとき、このブラジル戦をこの記憶で思い出すのかもしれません。1−4の完敗。日本代表、予選リーグ敗退。
中田の代表引退が囁かれています。この4年で一番悩み苦しんできたのはヒデでしょう。監督というポジションにハンデがあった訳ですし。大会でも高いレベルのプレーと意志を見せてくれました。悔しかったでしょう。しかしヒデにはもっとやれることが残っていると思います。将来の日本サッカーのために次の南アフリカ大会もぜひ目指して欲しいです。
世界から絶賛された川口。海外でのプレーに再チャレンジして欲しいです。中澤、宮本にも海外移籍の話もありますがいけばいいと思います。
4年後またW杯の舞台で君が代が聞けるといいですね。これほど日本中が一つになれることは他にありませんから。そのためには世代交代。エース育成。レベルアップ。経験。長谷部、達也、松井、平山、啓太、闘莉王。次期監督に夢の続きを託しましょう。
中田英寿の涙が、未来への虹の架け橋になりますように・・・
[PR]
by k-o-king | 2006-06-23 22:00

WORLD CUP special #11

サッカーの神様ジーコ。奇跡を呼べる者がいるとしたら、それはジーコ自身なのかもしれない。仮にも選手時代には神に選ばれたのだから。
マイアミの奇跡、オレンジボールの奇跡と謳われた過去一度だけのブラジル戦勝利。A代表ならさらに可能性は低くなるが川口能活は健在。千載一遇のチャンスをどうゴールに押し込むかがやはり鍵となる。
就任以来初めて明かさなかった秘密のスタメン。こんなのはいかがだろう。「黄金の中盤」と呼ばれた、中田英寿、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一のカルテットそろい踏み。やってくれそうな気がする。これが本当になればジーコは相当な演出家となる。日本での地位もどん底までは落ちまい。
日本のすべてのフットボーラーの代表であるが故、重圧を背負っていることはわかる。でも、だからこそ見せてほしい。手に汗を握るような、鼓動が高鳴るような、瞬きを忘れるような、そんな心に触れる試合を。
勝てる奇跡もあれば負ける奇跡もある。ならば掴もう、勝てる奇跡を!奇跡なんてそう起きるものではない。ならば起こそう、いまこそその時!
奇跡なんて一番大事なときだけ起きればいい。
[PR]
by k-o-king | 2006-06-23 00:23

伝説となるだろう JEWEL CHAIR のメンバーが綴る”奇跡の日々の軌跡”


by k-o-king
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー