JEWEL CHAIR

jewelchair.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

筆の跡はスイートピー

いちごオーレはうまい!オーレーオレオレオレー♪ Jリーグも熟れてきたなと数々のレッズ戦の土産、マッチデーに呟いていました。
いちごオーレを飲みながら何をしていたか。書類の整理をはじめました。意外と少なくて笑っちゃいますわよ、オ〜ッホッホ。ノートはとってた方だと思いますけど。CMやテレビや映画や漫画が教材となる学科なので、ほとんど活字に残らないのかもです。レポートは返してくれないし。
で、広告関係やとくに感慨深いクラスのノートと試験レポートはとっておくことにしました。これは大学時代へのタイムカプセルです。実家のものおきに埋めます。さぁ、もう行くがいい。クロネコヤマトにのせられて。
餞としてこのカプセルに名前を付けてあげることにしました。No Name,No Lifeです。「スイートピーN700系」が名前です。
スイートピーの花言葉は、「微妙な楽しみ、門出、優しい思い出」。思い出をつくる花と言われているそうです。
さぁ今度こそ、お行きなさい。
a0042564_2215207.gif

[PR]
by k-o-king | 2007-02-27 22:22

ボロロボ

お部屋探しに対していささかキャンディーマン。のんき気質も上乗せして、事態は急暗幕。エデンの夢が暗転、隅田川に流されていきます。はっしどーどー、はいどーどー。
ほぼ決まりの物件は、築年数が三十路のボロ。こんな弱点も、レトロと解釈してロボット系のプラチナスウィートに仕立て上げるイマジネーションがぼくにはある。でも流石に苦しいのです。
洗濯機が置けないのです。地下にあるコインランドリーで用を足さなければなりません。瓦斯もIHもコンロがないのです。生物を食べるしかありません。それでも立派なお値段がします。
良きかな、パノラマ夜景、自転車通勤可、エントランスのかっこよさ。
果たしてどれだけの価値があるか、生活を圧迫しすぎてないか、住まい貧乏ってやつなのか、一晩考えます。
最大の敵はネット。工事されてないので工事していいのかどうか。それが気になって仕方ありません。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-26 23:23

薄いのは、そっちだろ!

浦和レッズが屈した大敗のゼロックスについて、悔しいので噛み付いておきます。名誉のためにも。モヤモヤ除去のためにも。
某スポーツ紙によると「選手層の薄さを露呈した」とはっきり日本語でそう書かれていました。レッズの層が、です!黙ってニヒルにスルーしてやりたいけど、この度はそうはいきますまい。
レッズの選手層が薄いならどこが、濃いんだ!?チェルシーか、バルサか!?国内で比較されてそんなこと言われるのはマジ心外。あれだけ怪我人出しておいて、あれだけのスタメンを組んでるんですよ。友ちゃんは出れなかったんですよ。どこ見てんだどこを。
たしかに、若手の台頭に関しては不安はあるにせよ、どこ見てんだどこを!
層が薄いのは、おたくの新聞社じゃなくて?
a0042564_23463794.jpg

画像は拝借。ありがと某紙。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-25 23:34 | Are you Reds?

今季最悪のゲームになりますように。

東京ではここ最近、負け知らずだったレッズです。とうとう負けました。ゼロックス杯vsガンバは、4つのゴールすべてが相手の得点でした。
キックオフから体が重そうに見えて、反応とスピードでは完全に劣っていました。ボールも全く繋がらない。ぐうの音も出ません。あれで勝てたら相手が弱すぎるというもんです。
ロビーが沸騰して退場の危機にハラハラでしたが、ふぅ。
この試合で1冠は逃しましたが、「危機感」を持ったんじゃないでしょうか。中途半端に負けなかったことでなお一層です。ガンバに実力で負けてるはずもないですが、戦術とかチームとして未完成。とにかくどうやって得点を取るのかを伺い知るに至りませんでした。
最強守備はもとより、最強攻撃の名も欲しい。それが浦和レッズです!
この試合がシーズン最悪の試合になりますように。これより最悪な試合なんかされたら、逆立ちで町内一周したくなるかもしれません。
Jリーグ開幕まで、あと1週間。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-24 21:30 | Are you Reds?

Shall we? Let's!!!

いよいよ本気浦和レッズの開幕戦、ゼロックススーパーカップです。
Shall we? Let's!とはすんなりいかない状況です。やはり準備不足でもう少し時間が欲しかったでしょうね。代表組や怪我人が。でもそんな言い訳で負けてもらっては困るんです!
指宿合宿でもチームの様子がいまいち見えないのですが、とにかく永井は友ちゃんと仲が良く、相馬やウッチーも絡んでるというのはわかりました。スタートは永井が入って伸二が左サイドでしょうか。キーパーは不明で、闘莉王も際どい。もしや、赤星が?
決まっているのはあした国立に入って応援できないということ。出遅れてます。でもレッズには出遅れてもらっては困ります。制覇!連覇!!
そのあとテレビでやる好きな映画「ミニミニ大作戦」をハッピーに鑑賞するためにも!
[PR]
by k-o-king | 2007-02-23 23:40 | Are you Reds?

ジャーマネ寺院

ショック電圧の針は微々たる振れ幅を観測するだけ。特に神の存在を疑うことも慈悲を求めることも無し。月刊少年ジャンプが休刊するということで、ヒゲをひと撫でしたとこです。
飛ぶように、文字通り「飛ぶように」売れなくなったからの措置だそうです。そういえばすっかり漫画を読まなくなりました。この月ジャンに「I'll」があって終わったのを最後に、マンガ購読はこち亀くらいですね。
アイルといえば永遠のジャーマネである、佐伯・ユウ=アングラードを生み出したバスケ漫画でした。マネージャー業で困ってるひとがいたらぜひ彼女の仕事っぷりを見に、コミックを手に取ってほしいです。マネ専用の駆け込み寺として重宝します。
a0042564_2316561.jpg

[PR]
by k-o-king | 2007-02-22 23:04

それがわたしの癖になり

眠る前に何かしてることはありませんか?安室奈美恵「How to be a Girl」には、眠る前にまくらに顔をうずめる前に電話して、と出てきます。顔を埋めて寝たら窒息しちゃうよ、安室ちゃん。
安室ちゃんがあぁなら、ぼくはこうです。地図を見てから寝ます。我愛地図帳。坊ちゃん刈りから茶髪まで、ずっと地理は得意だったのです。県でトップクラスだったほど。授業中は先生には勝手にやらせておいて、地図や資料集を見てました。
イヤな生徒でしたが、不思議とその先生とは仲良しでした。ちっちゃくてaikoみたいなその先生に、地図帳を3冊くらいもらったので、さらに地図好きは加速。
それがわたしの夜の癖になり、ルールになりました。一夜につき一国を旅します。196ヶ国くらいあるから、1年で地球2周くらいできるはずです。でもついついアメリカとフランスとイギリスに偏るんですよね。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-20 13:22

LAND OF EDEN

アダムとイヴが住んだとされる楽園、エデンを探すミッションは実にimportanceです。桜月から新世界をいかにオレンジ100%、フレッシュに生きるか。そのための重要拠点です。
月島・勝ちどき!このエリアに唾付けをしてます。銀座にチャリで行けます。ここがimportanceです。自転車を転がして行けるんです。豊洲にも近い。隅田川があってウォータープルーフ完備。もんじゃはもちろん、路地ビールという地ビールもある。
とんでもなく気に入ってるのは、銀座方面へとチャリ通する場合、勝ちどき橋から東京タワーがみえること。フレッシュ漲る景色です。
昭和と平成が同居してる感じもいいです。細い下町の路地もあれば、日照権がきわどいタワーマンションもある。畳の和室でロックンロールの、アンサンブルも魅力です。
プラス項目てんこ盛りでこの島に移住希望です。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-19 12:57

こちとらラビッツ

埼スタのレッズ戦に鍛錬され3万人くらい、てやんでぇい!東京マラソンに参加してきました。
あたぼうですが、走ってません。従兄弟が走るのでひと目見届けてやろうと日本橋に出向きました。雨、風、寒。歓迎してくれてる東京のお天気。
3万人くらいと甘めに睨んでました。一般ランナーの走速をカメだとしても、沿道のファンの目はラビッツです。あんだけの数で走られたら人探しは不可。どうぞ迷子アナウンスで。目がチカチカ。結局いとこっこの姿は発見できませんでした。完走オメ!
それにしてもいるはいるは、おもしろランナー。マリオ、アンパンマン、ドラえもん、スパイダーマン、アフロ、携帯で話しながら走る人、写真撮りながら走る人。それとアテネ五輪の悲運の銅メダリスト。なんかおもしろそうでした。
東京大移動も電車があるから平気さ〜、と大都会の利便性も実感でした。
来年あたりどうかな、42.195。
[PR]
by k-o-king | 2007-02-18 21:08

虹夢

元カノのママの旦那様の元同僚の娘の兄貴の元カノの話をします。さっぱりさせると、元カノの話です。オレ、怖いもの知らずです。
彼女はそんなに行きたくはなかった大学へ進学しました。大学受験は僕たちの失敗です。そして1年で大学を辞めたそうです。
暫しぶらぶらして某モード学園に入りました。やりたいことを探したのではなく、やりたいことに素直になったんだと思います。本当にやりたいことに挑戦するということは、かなりの勇気がいることでもあったはずです。それで打ちのめされたら、修復不可能なほどに心が折れてしまうことになるからです。実は怖いことでもあるのです。
そして彼女はがんばりました。デッサンを相当書いたそうです。ついに彼女デザインの商品化が決定。優秀なんだとか。デザイナーとしてパリにでも行くかもしれません。
同じグラスのパフェを食べた仲。元カノだからでしょうか、なんか負けられない!オレのほうがカッコいい生き方してやるぞ、って夢への手綱を強く握りしめるのです。
オレ、怖いもの知らずです。
a0042564_21225031.jpg

[PR]
by k-o-king | 2007-02-17 21:29

伝説となるだろう JEWEL CHAIR のメンバーが綴る”奇跡の日々の軌跡”


by k-o-king
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー